刃物 フルカワ ホームページへようこそ
加曾利貝塚

加曽利貝塚

縄文貝塚は全国で約2,350個所刃発見されております。その約30%強の700個所が千葉県に集中し、千葉市だけでも100個所を数えることが出来ます。
加曽利貝塚は縄文貝塚としては最大規模で学術的にも貴重な貝塚です。加曽利貝塚は千葉市の中心を流れる都川の河口から約6km遡った上流
の西岸の台地に広がっております。この加曽利貝塚は、直径130mの北貝塚と、直径170mの南貝塚の二つの環状貝塚が8の字型に連結して出来
ており普通の大型貝塚の2倍の大きさを有しております。また加曽利貝塚では、春に採取した大量の貝を割ることなく煮沸して中身を取り出し乾燥さ
せ貴重な保存食であり塩分とタンパク供給源で物々交換の対象ともなる干し貝を作っていたことが想像されます。投棄された大量の貝と共に発掘さ
れた土器は、土器形式編年の標準となっている加曽利式土器となっております。

加曾利貝塚博物館

加曾利貝塚館内展示場

加曾利貝塚館内展示場

復元住居

地層断面

加曽利貝塚博物館へのアクセス
加曽利貝塚博物館のご案内

住所/千葉市若葉区桜木町163
TEL043-231-0129
交通/JR千葉駅より京成バス
「千城台車庫」行き「桜木町」下車
料金/大人60円 子供30円
開館時間/9:00〜16:30
月曜日、年末年始は休館