刃物フルカワ ホームページにようこそ
最後の総火造り裁ち鋏伝承者 北島和男

表示価格は税抜価格です

下総鍛冶 北島和男プロフィ−ル

昭和13年松戸市生まれ。父平三郎を継ぐ二代目鋏鍛冶。
総火造りの出切る最後の鋏鍛冶。平成4年に千葉県指定伝統的工芸品「下総鋏」製作者に認定、平成10年に県の卓越技能章(現代の名工)を授章。鋏鍛冶の技術を生かし色々な刃物造りにも取り組む。また、総火造りの出来る鋏鍛冶としてTVや雑誌等に多々紹介されている。
羅紗切鋏(裁ち鋏)の歴史
幕末から明治初期にかけて、欧米の近代文明がどっと日本に入ってきました。厚手の服地と一緒に、これを縫うミシンと裁断用の鋏も入ってきました。(厚手の服地は羅紗でこれを切る鋏から羅紗切鋏と呼ばれる。) しかし、この鋏は、大きく重くて日本人には扱いやすい道具ではありませんでした。この鋏を日本人に使い易い鋏に改良したのが吉田弥三郎(1861〜1901)です。吉田弥三郎から始まる鋏鍛冶の系譜は現代まで脈々と続いております。昭和30年前後までは、全て叩き出し(総火造り)でしたが、それ以後は機械化による大量生産化が進み工場生産された柄部と刃部を溶接して仕上げる方法が主流となり、現在では機械で鋏の形に一体成型された物を加工して作る方法が殆どなつてしまいました。そのため吉田弥三郎から続いた伝統の総火造りの裁ち鋏を作る最後の鋏鍛冶になってしまいました。

総火造り裁ち鋏 製造工程

左図写真の左→右が製造工程です。約2cm×16cmで厚さ6mm程度の鉄片を
火床で真っ赤に赤らめ、槌で叩いて鋏の形に仕上げていきます。輪の造り方
は、親指が入る方は左写真の上の左から2番目にあるように小さな穴を叩い
あけ、それを叩いて丸く広げていきます。
同じく下指が入る輪の方は左写真下の左から2番目にあるように2つに裂い
て伸ばし、それを下でつけて丸くつくります。
左写真の上、下共に5番目は鋼をつけた(鍛接)状態です。それを叩いての伸
ばして6番目のような鋏にします。総火造りの製作工程は鎚(ハンマ−)1つで
赤らめた鉄を思い通りの形に造って行きます。一見、信じ難い光景です。硬い
鉄が飴細工のように形を変えていく工程は必見の価値があります。毎年12月
初旬に開催する当店刃物フェスタで実演いたします。
総火造りで造る鋏のサイズも3cm間隔で色々なサイズがありますがスケ−ル
で測ることなく思い通りのサイズに仕上げます。全て体全体で覚えて可能と
なる技術です。
総火造りのの裁ち鋏は普通の裁ち鋏に比較して柄も叩いて鍛えておりますの
で工場生産された同サイズに比較し重さも2割近く軽くなります。
総火造りの技術も後継者がいないため北島和男が最後の総火造りの出来る
鋏鍛冶になりそうです。
 
当店オリジナル 総火造り 裁ち鋏


当店オリジナル 多層鋼 総火造り 裁ち鋏

八層鋼(鋼と軟鉄を交互に八層づつ重ねた材料)を叩き出して製作した当店だけりオリジナル総火造りの裁ち鋏。 柄部も塗装はせず火造りの過程で出来る酸化被膜の黒打ち仕様。鎚跡も残り、使い頃程手になじみ、黒い酸化被膜の下からら多層鋼の紋様が出てきます。

仕様
@多層鋼総火造り裁ち鋏7寸
サイズ/70×210mm 重さ165g \29,000

A多層鋼総火造り裁ち鋏8寸
サイズ/75×240mm 重さ195g \32,400

下記をクリックすると各部が拡大されます。

刃部拡大

柄部拡大
         吉田弥吉生誕150年記念 総火造り裁ち鋏
裁ち鋏の祖 吉田弥吉(弥三郎 1861〜1901)は、江戸から明治へ移り変
わる頃、天と地が逆さになるような世の中の大きな変化のうねりの中に
刀鍛冶に弟子入りした裁ち鋏の祖 吉田弥吉(弥三郎 1861〜1901)がい
ました。
 幕末、黒船が羅紗布を切る道具として持ち込んだ羅紗鋏(別名/メリケ
ン鋏)は大きく、重くて開閉か固いなど使い難い道具でした。
 吉田弥吉は、日本古来の刀鍛冶の技法を生かし、当初は黒船が持ち
込んだメリケン型の鋏を作っておりましたが、明治25年頃には、日本人
に使い易く開閉も軽い現在の裁ち鋏の原型とも言える裁ち鋏を作りまし
た。
吉田弥吉生誕150年を記念して復刻品を総火造りで製作しました
仕様 サイズ/250×77mm  重さ214g  桐箱入り
    表に弥吉生誕150年 裏側にシリアルNo入り
    「裁ち鋏150年の歴史とロマン」 A4カラー39P を進呈
    サイズは手造りのため多少異なります。
 
\40,000 受注生産(受注後約一カ月) 

写真をクリックすると拡大画像になります。

ここをクリックすると刻印の部分が拡大されます。

当店オリジナル 総火造り ミニ裁ち鋏

当店だけりオリジナルミニ総火造りの裁ち鋏。 皮ケース付でハンドバッグに収まるボールペンとほぼ同じ長さです。裁ち鋏の切れ味、切れなくなれば研いで使えます。
B総火造り ミニ裁ち鋏 メリケン型 \18,500
仕様サイズ/50×140mm 重さ63g(ケース別)

C総火造り ミニ裁ち鋏  \17,500
仕様サイズ/50×150mm 重さ58g(ケース別)

D総火造り ミニ裁ち鋏 多層鋼 \18,500
仕様サイズ/50×155mm 重さ74g(ケース別)
下記参照
皮ケースサイズ/70×175mm 重さ18g




総火造り裁ち鋏

E北島和男作 総火造り裁ち鋏 8寸
サイズ(全長) 245mm  \27,000


A北島和男作 総火造り裁ち鋏 8.5寸
サイズ(全長) 270mm \32,000




 総火造り裁ち鋏

北島和男作 総火造り裁ち鋏 9寸
サイズ(全長) 280mm  \41,000



製作者の北島和男氏が体力がある間は
大型の総火造り裁ち鋏も製作いたします。







メリケン鋏
幕末、黒船が羅紗布を切る道具として日本に持ち込んだ羅紗鋏。
別名メリケン鋏ともいいます。下写真上段は黒船が持ち込んだ
メリケン鋏(ビスは当時のものではありません)。鋳型に流し仕込ん
で製作したようです。下写真下段は初代兼吉が総火造りで製作し
たメリケン鋏です。メリケン鋏を作っていたのは初期の頃のみで
した。この頃いたのは兼吉だけだったのでメリケン鋏の技法は弥吉
から兼吉、そして兼吉系の二代目平三郎へと伝わりました
当店オリジナル 総火造り 
ミニ裁ち鋏 メリケン型

メリケン型の総火造りのみに裁ち鋏。 
皮ケース付でハンドバッグに収まるボール
ペンほぼ同じ長さです。
裁ち鋏の切れ味、切れなくなれば研いで
使えます。

仕様
サイズ/50×145mm 重さ63g(ケース別)
皮ケースサイズ/70×175mm 重さ18g
\18,500

画像をクリックすると拡大画像が見られます



標準型裁ち鋏
このタイプは総火造りとは一部作り方が異なります。柄の部分だけは型抜きしたものを
溶接しておりますが、刃部は総火造りと同じく軟鉄に鋼を鍛接し鍛えて作っています。
価格も機械生産品と同じ位で大変お買い得な価格になっております。

平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用

@ 平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用 7.5寸
  サイズ/75×225mm \7,600

A平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用 8寸
サイズ/80×240mm  \8,000



平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用


B 平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用 8.5寸
サイズ/82×265mm \9,700

C 平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用 9寸
サイズ/82×280mm  \11,000

 

平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用


D 平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用 尺
サイズ/90×310mm \27,000

E 平三郎作 羅紗切鋏  標準型 右用 尺 押手付
サイズ/90×310mm \29,500

平三郎作 羅紗切鋏 特殊型 右仕様

@平三郎作 羅紗切鋏 特殊型 右仕様 足長型
指を入れる輪が刃部より上にありますので切
るときに邪魔になりません。

サイズ/90×280mm \8,700

左写真をクリツクすると拡大写真がご覧いた
だけます

平三郎作 羅紗切鋏  左仕様 総左型
指を入れる輪も刃の合わせも全て逆です

G平三郎作 羅紗切鋏  左仕様 総左型 8寸
サイズ/80×250mm \13,500

A平三郎作 羅紗切鋏  左仕様 総左型 8.5寸
サイズ/82×280mm \15,000

注)左利きの方で、長い間右用の鋏を使われて
いた方は、総左型の鋏を使うと力の入れ方が異
なるためうまく切ることが出来ない場合がほとん
どです。このような方は足左型なら間違いござ
いません。
足左と総左の比較写真は左写真をクリックするとご覧いただけます

平三郎作 羅紗切鋏  左仕様 足左型
指を入れる輪のみ左仕様です


I平三郎作 羅紗切鋏  左仕様 足左型 8寸
サイズ/80×255mm \10,000

J平三郎作 羅紗切鋏  左仕様 足左型 8.5寸
サイズ/82×265mm \11,500

足左と総左の比較写真は左写真をクリックするとご覧いただけます



紙切用細工鋏
セミオーダー出来ます。
全長190mm以内 幅80mm以内 
刃長80mm以内
全長、幅、刃長を上記サイズ以内の
お好みの
仕様でお造りいたします。
\8,700
納期は約一か月

 
徳川家康鋏 レプリカ

スペイン製の剣型鋏が家康の遺品に
ありました。手許に置いて薄い紙な
どを切るのに使ったと思われます。

レプリカの鋏は、切れ味等をの実用
性を優先して製作しましたので現物
とは多少形状がことなります。
\9,400
受注制作になります。





人形鋏
日本人形の髪の毛を切る専用鋏です
サイズ/73×180mm \8,300

本鍛造で大変薄く作っております。

左写真をクリックすると刃部が拡大してご覧になれます

問い合わせ等は左記バナー
をクリックしてメールでどうぞ
ご注文の前に必ず左記バナーを
クリックして内容をご確認願います
 商品の注文は左記バナー
 をクリックしてメールでどうぞ


メールを発信してから24時間以上経過しても返信が無い
場合は未着の可能性もありますので再メールもしくはTEL等で
確認お願いいたします。特に携帯電話からの場合は返信が出来ない
場合があります。